本鮪尾の身

尾の身解凍

調理例 尾の身ステーキ


生食でお召し上がりの場合は、冷蔵庫で2週間以内でお早めにお召し上がりください。

加熱調理での保存期間はお買い上げ日またはお手元に届いてから冷蔵庫で1か月以内です。

よく水洗いして水気をふきとり、冷蔵庫で解凍してから調理してください。

解凍後、まれにロープがついていますので、周りの身を大きめに切り、取り外してから調理します。

中心部分は刺身など生食で、皮の付いている外側部分はスジが多いので加熱料理に最適です。

スジの少ない内側がおススメです。刺身が取りづらい場合はスプーンで削ぎながらすき身にもできます。

 

キッチンペーパーで水気をしっかり取ってから、塩コショウで下味をつけフライや唐揚げにしてお召し上がりください。

醤油1、みりん2、に1~2日漬けて片栗粉をまぶし竜田揚げもおススメです。

フライパンで、ムニエル、ソテー、照り焼きなど何でも美味しく召し上がっていただけます。

野菜(玉ねぎ、キノコ類など)と一緒にクッキングシートに包んでからアルミホイルで巻き、フライパンで蒸し焼きもふっくらと仕上がります。ニンニク、香草、バターで洋風に仕上げるのもおススメです。

骨やアラは出汁が出ます。味噌や醤油との相性抜群です。

1.お鍋にお湯を沸かして、沸騰したら半透明に(柔らかくなりウロコが剥がれてくる)まで2~3分茹でます。
2.冷水に入れ、ウロコを洗い落とします。
3.水気を取って、食べやすい大きさに切って出来上がりです。

ポン酢、生姜またはワサビ醤油、酢味噌などお好みでお召し上がりください。